2018年7月の趣味の購入品をマニアックに解説する(8/12現在)

8/12)「劇場版ウルトラマンジード BD特装限定版」完全解説!
8/1)書籍の解説完了、ネオジオミニについて
7/21)中旬までの購入品解説を記載

-----------------

7月の購入予定を掲載。解説は購入後に順次掲載


■雑誌・書籍
6/30「ぷっちぐみ 8月号」

・後述する「リカちゃんファンブック」と「マジマジョピュアーズ ファンブック」の全プレ応募券目当てに、古本で購入w
 →てっきり、この1冊で両方の応募券が手に入ると思いきや、なんと応募券は1枚しか付属していない!
・「マジマジョピュアーズ」巻頭8.5P(漫画や宣伝含む)で新戦士シオリをイチオシ紹介!
・8/25「ちゃおフェス2018横浜」でのマジマジョスペシャルステージに最大130名を招待!(7/31〆)
・次号9月号付録は「マジマジョピュアーズ!ジュエルガチャ」(ちなみに去年の9月号付録は「パフューム♥うらないガチャ」であった)

7/4「ONE PIECE DOORS! ②(少年ジャンプコミックス)」

・帯あり
・収録回:第306話~597話(カラー扉回を除く)
・収録話:
  「ゲダツのうっかり青海暮らし」
  「ミスG・Wの作戦名”ミーツバロック”」
  「エネルのスペース大作戦」
  「CP9の任務外報告」
  「麦わらの一味シリーズ」
・次巻予告:なし

7/12「リカちゃんファンブック~まんが もしもリカちゃんが。~」

・「ぷっちぐみ」で連載されていた2P写真コミックの傑作選とのことだが、出来れば全話(どれくらいあるか知らんけど)収録してほしかった…><
・収録話は下記を参照。未発表作が含まれるのかは不明
 https://www.shogakukan.co.jp/magazines/0785607118
・数年に渡る長期連載だったと思われ(掲載時系列不明、初出掲載情報も無し!)、リカちゃんのお友達遍歴が垣間見れる
・個人的には「Kawaii Jenny」くらいぶっとんでいることを期待していたが、流石にあそこまでではないものの、捨てコブラを拾ったり、暴飲暴食しまくったり、パパの入浴をドローンで盗撮したりするリカちゃんは充分にシュールwww
・なお「ぷっちぐみ」本誌では新シリーズ「めざせプリンセス♥ひめって!リカちゃん」が始まっており、その一部が広告ページ内で読める
・全プレ「オリジナルサンクスカード」の応募券付属。応募には「ぷっちぐみ8月号」「9月号」付属の応募券のどちらかが必要

7/13「ポケモンファン【59】」

→7月は山程情報あるはずなのに、全然掲載されていなくて、期待ハズレ。
 キャンペーンとかグッズ情報とか、付録ももっと頑張ってほしい

7/14「PEACENIPPON」劇場パンフ
・B5判、オールカラー24Pで¥700
・全ページに渡って写真が豊富で、6Pに及ぶ撮影場所一覧(場面写真各1枚)の掲載あり
・中野裕之監督インタビュー4P
・エンドクレジットも掲載されているので、気になるサウンドの再チェックも可能

7/14「炎神戦隊ゴーオンジャー 10YEARS GRANDPRIX」リーフレット
・同作の完成披露上映やプロモーション上映を行った劇場にて、「A4クリアファイル2種+リーフレット(A4判8P)セット」として¥1500で販売されたもののほぼ瞬殺となった貴重品だが、東映ヒーローネット東映ビデオオンラインショップの通販でも数量限定で販売されているので、欲しい人は急げ!
・リーフレット(プレスシートみたいなものだと思えばOK)にはスマホ用待受画面がダウンロードできるQRコードが付属

7/19「ガンバライジング ボトルマッチファンブックwithブットバソウル プレミアム」

・3冊目のボトルマッチファンブック。年間3冊以上出るのは鎧武以来4期ぶりで価格は過去最高額…
・以前はTVや映画、グッズ等の情報も掲載されていたのに、今号ではついに漫画すらもなくなって、完全にゲーム情報&自社のフルボトル付録の宣伝だけに…

7/19「魔法×戦士マジマジョピュアーズ!ファンブック」

・「ガールズ×ヒロイン!」シリーズ2年目にして初のファンブックが登場!
 このシリーズは特撮専門誌「宇宙船」ではガン無視されているので幼女マニアには地味に嬉しい?
・付録がマジョカジュエルではないのは残念というかもはや謎
 →去年のサウンドジュエルはいろいろと付録になったのに今年は全くなっていない…
・昨年のシリーズ「アイドル×戦士ミラクルちゅーんず」については一切触れられておらず残念
・「ぷっちぐみ」で連載中のコミカライズ版の新話掲載
・全プレ「オリジナルポストカード」の応募券付属。応募には「ぷっちぐみ8月号」「9月号」付属の応募券のどちらかが必要
・表3広告の豆しばとのコラボがジワるwww

7/19「岸辺露伴は動かない②(少年ジャンプコミックス)」

・帯あり
・収録話:エピソード#4、7~9(すべて初出掲載誌が異なる)
 #8に山岸由花子登場

7/20「ダンゲロス1969 ①(ヤングマガジンコミックス)」

・帯あり。うっかり女子店員のレジに持っていくと恥ずかしいキャッチコピーがでかでかと書かれているので要注意(涙)
・帯に 「ダンゲロスボードゲーム」で使える限定カードの全プレ応募券付属
 →どう考えても初版限定封入にした方がコスト安く済みそうだが、原作側のマーケティングリサーチが目的?
・収録話:第1~4話+番外「スーツ姿の伊達男」(描き下ろし?)
 原作全22章のうちの第3章後半の途中(2章後半「星野夜」を除く)までをほぼ原作に忠実にコミカライズ
 「番外」は原作プロローグに漫画版ならではのナイス表現を付加
 →このペースだと全10巻(3~4年の長期連載)くらいになりそう
・拷問描写が原作よりきつくなっている上、原作の都合上、かなり殺伐とした作風になっており、前作「戦闘破壊学園」のノリを想像して読むとおそらく期待はずれになるので、先にAmazonで原作小説の試し読み(コミカライズ①のほとんどにあたるアトランティス鈴木登場までが読める!)をして、性に合うかどうかを判断することをオススメしたい
・次巻予告:② 11/20発売予定
・なお、原作小説やコミカライズ前作を含む「ダンゲロス」シリーズの紹介・感想はこちら↓をどぞ
 ■最近読んだ本~「ダンゲロス」シリーズ 読んだ!→ハマった!
  http://34102238.at.webry.info/201501/article_4.html

7/21「S.I.C. HERO SAGA 仮面ライダーディケイド/鎧武編」

・帯あり
・シリーズ6冊目で収録話は下記の2本+α
 -① ディケイド編「オーズの世界」
  物語は「オーズの世界」だけで終わらずに「鎧武の世界」へと続き、クライマックスは「スーパーヒーロー大戦」シリーズの要素(初代、GP、超)まで入ってくるカオスな展開で、映像化激烈希望!
  →レジェンドコアメダルとレジェンドタトバコンボはCSMオーズドライバー コンプリートセットに収録してほしかったなー…
 -② 鎧武編「キカイダーリバース」
  鎧武編とされているが、実際には「鎧武」30話に客演した「キカイダーREBOOT編」であり、ジロー/キカイダーのその後(原作コミックやTV版の要素が強め)が明らかになる
 +α)「SPECIAL EDITION」として作中未登場の鎧武のアーマードライダーたちの作例と、商品化されたヘキサーオーズの特写を掲載
・各話の詳細に関してはウィキペディアに全部書いてあるので、そちらを参照
 S.I.C. HERO SAGA - Wikipedia
  https://ja.wikipedia.org/wiki/S.I.C._HERO_SAGA
・連載時との細かい差分は未確認
・次巻はまた数年先だろうが、すでにフィギュアが出ているドライブ編、アマゾンズ編が期待される
 →フォーゼ編まだ?><

7/30「蒼き鋼のアルペジオ【16】(ヤングキングコミックス)」

・帯あり、口絵(アワーズ4月号表紙絵)あり
・内表紙)4コマ1本
・収録話)Depth:92~97。ついにアドミラリティコードが登場!
・穴埋め)無し
・次巻予告)あるけど発売時期は未掲載
・投込チラシ)「アルペジオ 夏のコミケットショッピング/3P漫画:高内優向」リーフレット

7/30「ノベライズ 蒼き鋼のアルペジオ/森田 繁」

・帯あり、口絵(アワーズGH 17年6月号表紙絵)あり
・収録話)
 -中編小説:火の山の島の冒険(アシガラ&ハグロ編)
 -コミック:ヒュウガの硫黄島改造日記(YKアワーズ18年7月号に掲載された「特別編」)
 -中編小説:横須賀ズイカク散歩(新規挿絵2点あり!)
 -プレミアム対談3P(ArkPerformance×森田 繁)


■CD・DVD
7/14 MP3「Side by Side 仮面ライダーアマゾンズ」

→7/14現在 DL出来ない状態。購入後にプライム会員やめたから?購入したのは5月なのに…
→7/15現在 楽曲のみ有料DL可能に。やはり今現在プライム会員じゃないと聞けない模様…くっそー!
→7/22 Amazon Music Unlimitedの無料体験で無理やり聞いてみた!w
・小林太郎本人によるイントロダクションコメンタリー付きで聞く「仮面ライダーアマゾンズ」シリーズ3作の主題歌(英語バージョンを含む全5曲)を集めたミニアルバム
・イントロダクションコメンタリーは各20秒程度でコメンタリートラックだけの合計時間は165秒程度
→ラジオのDJ番組のようなイメージだが、繰り返し聞いていてもコメンタリーは全く邪魔にはならず、Amazonならではオリジナルコンテンツとして非常に良い感じなので、オンデマンドCDとして発売して欲しい
(さて、Unlimited解約しなきゃ…)

7/18 CDS「ウルトラマンR/B OP主題歌」

・7/31現在未開封…

7/18 CDS「ウルトラマンR/B ED主題歌」
※CDは特定店舗限定販売のため以下のサムネのリンク先は配信版

・7/31現在未開封…

7/27 BRD「劇場版 ウルトラマンジード 特装限定版」

→前作「劇場版オーブ」のメモリアルBOX(https://amzn.to/2OssVKU)は特典がメイキング映像の類しかなく、価格に見合った優位性が感じられなかった為、通常版で済ませてしまったのだが、本作は過去最高に特典が充実しているので、迷わずこの特装限定版を購入!
 本作の商品名が「メモリアルBOX」でないのは今までのBOXとは違うぞ!という意思表示?
○商品仕様(従来のメモリアルBOXと変わらず)
・三方背BOX/帯あり
・ディスクケース)黒
・本編ディスク、特典ディスクともにピクチャーレーベル
・ディスクケース内封入物
 -PR冊子「ウルトラマンBlue-ray&DVDパーフェクトガイド2018」(12P)
 -PR冊子「バンダイナムコアーツ DVD/Blue-ray ファミリーセレクション」(8P)
○本編ディスクの仕様・特典について
・日本語字幕)ON/OFF可能
 →地味にありがたい
・映像特典)
 -応援上映版本編(76分弱/本編は72分半)
  →残念ながら字幕設定は反映されない
   ※応援上映の詳細については下記エントリ参照
   http://34102238.at.webry.info/201803/article_2.html
 -ノンテロップエンディングx歌詞字幕ON/OFF
 -予告編x4本
・音声特典)キャストコメンタリー
 →濱田龍臣、山本千尋、長谷川眞優、小澤雄太、司会)円谷プロ・岡本氏
○特典ディスク(総収録時間100分以上)について
・メイキング(22分半)
 →ナレーション:潘めぐみ
・ヒーロー鼎談(17分強)
 →坂本監督、濱田龍臣、小澤雄太の3人による座談
・未公開シーン(全17シーン・計約20分半)
 →アイルによる本作の世界観に関わる重要なセリフが結構カットされている他、ジャグラーとレイトの絡みやモアがアイルに対抗心を燃やすシーンなどが多い
 ※坂本監督のテキスト解説と前後のシーン込で20分なので、実際にはその半分程度であろう
・TVシリーズ紹介映像(3分前後x4本)
 →ジード、ゼロ、味方側キャラの紹介映像
・TVシリーズ総集編「ウルトラマンジード スペシャルダイジェスト」(約20分)
 →23話までをめっちゃ駆け足で紹介!24・25話には触れず…w
・幕間映像「あなたの好みは?登場ヒーロー大紹介」(30秒)
 →一部劇場でのみ上映されたらしい、4人のイケメン俳優をフィーチャーしたPR用動画
・初日舞台挨拶(13分弱)
 →新宿ピカデリーでの様子をダイジェストで収録
  ニュース報道された小澤雄太さんからの手紙による濱田龍臣さんの号泣シーンも完全収録!
○作品解説書(オールカラー24P)について
・ウルトラマン対談:濱田龍臣×石黒英雄
・インタビュー)山本千尋、長谷川眞優、小澤雄太、岩田栄慶、本仮屋ユイカ、青柳尊哉、May.J
・監督 坂本浩一×脚本 根本歳三 対談
・美術監督コメント
・登場ヒーロー&怪獣の紹介
 →一部はデザイン画とデザイナーのコメントも掲載
・坂本監督によるストーリーボード(絵コンテ)抜粋
・「フュージョンファイト!」
 →超全集発売後に登場した「ノアクティブサクシード」まで、ゲーム専用フュージョンライズ全10形態のイラストを掲載


■玩具・ゲーム
7/5 ゲーム機「Retro-bit GENERATIONSⅣ【ジェネレーション4】」

→往年のアーケードPCB全盛期を経験したゲーム少年にとってのまさに青春タイムカプセル!
 「海底大戦争」「チェルノブ」「空牙」「ザ・グレイトラグタイムショー(ジェネレーションズ3に海外版収録済)」が入ってれば文句なし!だったのになぁ…
・パッケージを見れば判るが、アイレム21本(+1本SFC)、デコ16本、ジャレコ5本のアーケード作品計42本を収録!
・本体はかなりの小型軽量でちょうど初代ウォークマンくらい(わかる?)
 付属のパッドはメガドラの6Bパッドと近い感覚でコード長2.5mくらいある
・HDMIケーブル付属。AVコンポジット端子もあるがケーブルは自前で用意する必要あり
・名作STGが多数されており、ジョイスティックや連射パッドが欲しくなるが、USB接続なら何でも使えるというわけでなく、特定の物しか使えないので、ネットの情報をよく調べてから購入すべし!
・基本的にはエミュレーションで動いているので、ゲーム自体は紛れもなく本物なのだが、残念ながらダメダメな点が多く、以下にダメポイントを列挙する
 -DIPスイッチモードがなく、難易度や残機数、エクステンドの設定変更が不可能。サウンドテストも無理!
  →一部のタイトルでは何らかの条件でDIPスイッチ画面が出ることを発見!
 -画面表示モードがオリジナル/フルスクリーンの2パターンしかないのはともかく、
  デフォルトがフルスクリーンになっているため、逐一設定を直さないとボケボケ画面
  &縦画面作品に関しては、上下方向に押し潰されて横に間延びした上、一部が画面外だったり、縦と横で移動速度が倍も異なる糞画面でプレイすることに…(なぜオリジナルの方をデフォにしなかったのか)
 -A・Bボタンの機能がACとは逆(STGならAでボム、Bでショット、ACTならAでジャンプ、Bでアタック)
 -途中セーブに対応していないタイトルがある
 -一部、動作が不安定なタイトルがある
  例)
   ダークシール →サウンドの再生ピッチが不安定
   R-TYPE LEO →フレームレートが5フレくらいしか出てない印象
   など。全作をプレイしたわけではないので、他にもあると思われ
・タイトル選択画面が謎のアルファベット順で絞り込みはできるがソートは出来ない
 (「最後の忍道」が「C」の位置にある謎w)
・オンラインマニュアルは読まずとも問題なし
・保証期間は半年


7/24「NEOGEO mini」
https://amzn.to/2MPSjKA
→往年のネオジオブームを経験したゲーム少年にとってのまさに青春タイムカプセル!
 対戦格闘ゲームに偏らず、もっとバラエティに富んだタイトルを収録してほしかった…
・予約解禁直後に予約するも到着は発売日を1週間過ぎた8/1だったので、二次ロットと思われる
 同じAmazon予約でも自分の数分前に予約完了した同僚は発売日に到着、数分後に予約完了した同僚はなんと9月発送予定となってしまっており、ほんの数分の差が明暗を分けた模様…
・小さい!思ったよりもかなり小さい!画面はニンテンドー3DSくらい?
・コンパネとビルボードは自分で付属シールを貼るかたち
 ビルボードシールの1枚が「キング・オブ・モンスター2」だったのだが、これは全員共通なのだろうか?だとすればなぜソレにした?
・ベースが家庭用ネオジオ(カートリッジ版)なので…
 -メモリカードへのセーブプロセスが再現されている
 -難易度選択はあるも残機数などの細かい設定は出来ない
 -クレジットが3とか4とかしかなく、追加投入による連コインは不可能
 ※なるほど、国際版収録タイトルも含めてカートリッジ版未発売タイトルは収録されてないっぽい… 
・電源ケーブルは約2m
 電源やパッドのコネクタが初めて見る形状なのだが、これは独自規格?
 つまりUSBゲームパッドもネオジオCDのパッドも挿さらないので使えない
・取説に収録タイトルに関する説明等は一切なし!
・保証書は付属していない








 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック