【小室哲哉】引退・復帰後の楽曲コレクション③~2020年編(11/18現在)

11/18)TPD新バージョン
10/23)復活第3弾 新作インスト発表!
10/22)H Jungleカバー
9/27)鈴木亜美提供曲の海外カバー
7/31)既存曲のインスト情報
7/24)間髪入れず復活第2弾キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
7/16)ついに復帰!!!!完全新曲キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
6/20)まさかの広瀬香美がTK曲を歌ってみた
6/14)DJ KOO MIX 2曲
5/25)浜崎あゆみ曲のアカペラバージョン無料公開!第3弾から3曲
5/19)浜崎あゆみ曲のアカペラバージョン無料公開!第2弾から1曲
5/11)浜崎あゆみ曲のアカペラバージョン無料公開!第1弾から2曲
5/8)既発売TRFカバーの1コーラス版?
4/25)「CANDY GIRL」は別ボーカル&別アレンジ!
4/21)渡辺美里セルフカバーというか疑似ライブ
4/18)TRF、hitomi、globe のカバーを含むアルバム登場
2/3)音源化されていなかったTRFのシングル曲INSTが四半世紀を経て音源化!
1/31)TM初期の完全未発表曲と全盛期既存曲の新EDITが発掘
1/22)「Be The One(English Ver.)」解説
1/18)「Be The One(English Ver.)」
1/08)「Seven Days War」


-------------

最近は表明することが憚られる状況だが、当方は筋金入りの小室哲哉オタクである…
ここでは2020年に発表/発売された楽曲を気がつく限りまとめていく。

◎=小室本人が手掛けたフルアルバム
●=小室本人または既存の小室曲が関係する新曲
○=既存の小室曲(オリジナルアーティスト)の別バージョンや、新規リミックス
★=既存の小室曲の別アーティストによるカバー
※ジャケ写クリックでAmazonのデジタルミュージック(配信前または未配信の場合はCD)販売ページへジャンプ



【2020年】下半期(復活!)
○11/18「ダイヤモンドは傷つかない -30th Anniversary ver.-」東京パフォーマンスドール(2014~)

2014年6月の「-Rearranged ver.-」以来、2度めのセルフカバー
前のよりも良い!



◎10/23「聴く瞑想」小室哲哉
メンタリング瞑想アプリ「RussellME」(月額¥300)内コンテンツ「聴く瞑想」内で使用されている、シンセによるインストゥルメンタル曲。計65分前後?
1. Free Your Mind(約45分)
2. Moon Bathing(約6分)
3. Quiet Storm(約6分)
4. Space Traveling(約4分)
5. Grounding(約4分)
インストとはいえ、わずか¥300でフルアルバムが聞けると思えば安いと思うのだが、驚くほど話題になっていないw


★発売未定「WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~」水樹奈々&Raychell

TVアニメ「D4DJ First Mix」のEDテーマ
なぜか女性ばかりにカバーされるが、どれもピンとこないなぁ…


★9/12「Rain of Tears (Project K Radio Mix)」JULO

1999年の鈴木あみへの提供曲のカバー
表題曲の他、「Project K Club Mix」「Project K Dub Version」「Project K Instrumental」の4バージョンセットで「EP」となっている
日本では未配信だが、以下のURLから辿るとiTunesStoreで購入可能
https://music.apple.com/jp/album/rain-of-tears-ep/1531743030


●7/31「Dreamed a Dream」浜崎あゆみ

こちらも配信限定シングル
配信に先駆け、クリエイターズチャレンジ第5弾としてアカペラ音源とコードガイドがYou Tubeで1週間限定公開された。
アカペラ(1コーラス)

アカペラwithコードガイド(1コーラス)

またインストゥルメンタルが8/26発売のDVD/BD「ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2019-2020 ~Promised Land~」(TeamAyu / mu-moショップ限定盤)内に同梱されたシングルCDに収録されているが、編曲が先生ではないので微妙…
https://avex.jp/ayu/discography/


●7/24「Route 246」乃木坂46

引退から2年…ついに音楽業界復帰!
配信限定シングル
神曲とか言ってる人もいるけど、きっと小室ソングをあまり聞いたことない人かな…
先生の本領はこんなものじゃない!



【2020年】上半期
■DJ Mixed by DJ KOO
○6/13「"avex revival trax " DJ Mix」

DJ KOOが「avex revival trax」から7曲をDJ MIX!15分に迫る大作!
「CANDY GIRL」FEMM、「EZ DO DANCE」lol -エルオーエル-、「FACES PLACES」Beverlyが含まれている
○6/6「TRF DANCE MIX」

DJ KOOがTRF全盛期の12曲(非小室曲1曲含む)を新規のDJ MIXで繋いだ60分に迫る超大作!
You Tubeページでは出典が明かされているが、KOOのDJ/LAP/コーラスに加えて英語詞など一部聞き覚えのない音源が含まれていて新鮮


■ayuクリエイターチャレンジ/浜崎あゆみ
アカペラ音源を無料配布!
音源はすべて公式サイトよりダウンロード可能!
○5/25「Feel the love」

○5/25「Last angel」

○5/25「Virgin Road」

○5/19「crossroad」

○5/11「You & Me」

○5/11「Love Song」



★5/27「EZ DO DANCE(1cho)」USG(lol-エルオーエル-)

先行発売済の同番組の挿入歌アルバム「avex revival trax」収録曲(2018年8月発売「90S & NEW REVIVAL」からの再録)の1コーラス版。
初発表から2年経過してのエディット版リリースとなった

★4/25「CANDY GIRL」FEMM

○4/25「BOY MEETS GIRL」lol -エルオーエル-

・90年代AVEX躍進の内幕をモチーフにしているにも関わらず、その時代の寵児であり、多大な貢献者である小室先生に相当するキャラの描写に対して「悪意しか感じないw」と話題騒然のテレビ朝日系深夜ドラマ『M 愛すべき人がいて』の挿入歌を集めたアルバム「avex revival trax」の収録曲
・同アルバムには「EZ DO DANCE(lol -エルオーエル-)」「FACES PLACES(Beverly feat. SCHNELL from SOLIDEMO)」も含まれているが、これらは2018年8月発売「90S & NEW REVIVAL」からの再録であり、新曲ではない。この「90S & NEW REVIVAL」にはFEMMも参加した「CANDY GIRL」が収録されているが、今回のものとはボーカルもアレンジも大きく異なる別物となっているので機会があれば聴き比べてみると面白いだろう。同じアーティストが同じ曲を2度もカバーするのは珍しい。


■歌ってみたシリーズ
★6/20「H jungle with tさんのwow war tonight歌ってみた」広瀬香美

広瀬 香美 Official YouTube channelにて公開されたピアノ弾き語り

○4/19「♪BELIEVE《Sound Inn S@HOME》テレワークで名曲カバーをやってみた!」渡辺美里

You TubeのBS-TBS公式チャンネルにて公開されたセルフカバー
各ミュージシャンが自宅等で個別に演奏した各パートをミックスした、どことなく「ミュージックフェア」ぽさが漂う疑似スタジオライブ的アレンジ
後々消された場合に備えて各パート奏者を記録しておく
Arrange / Organ / Electric piano:本間昭光
Electric Guitar / Acoustic Guitar:中村タイチ
Bass:根岸孝旨
Drums:山木秀夫
1st Violin / 2nd Violin / Viola:NAOTO
Cello:柏木広樹
Chorus:会原実希
なお、引退前2013年の発表作だがAcid Black Cherryがカバーした「Believe」では小室本人の手によるナイスアレンジが聞けるぞ!


●3/18「グリニッジの光を離れて」TM Network

→3枚組ベスト盤「Gift from Fanks T」に収録。配信なし
 6/17)当初、小室の作曲として発表されていたが、小室は編曲のみで、作曲は木根と訂正された。
 ブックレットの交換に応じている ↓
 https://www.sonymusic.co.jp/artist/TMNetwork/info/519475

○3/18「Get Wild '89 (7inch Version) 」TM Network

→3枚組ベスト盤「Gift from Fanks M」に収録。配信なし

単曲配信あるよね?→なかった…
されないなら、この「ベストアルバムに新規音源1曲追加」する小出し商法、心底いい加減にしてほしい
偶然の発掘とか強調してるけど、どうせ最初からボーナストラックありきの商品企画を疑う
いっそのこと、そうしたボーナストラックばかりを集めた「真のベスト盤」を出してくれませんかね?
オリジナルアルバムよりベスト盤の方が遥かに多いっておかしいでしょ…


■1/29「TRF カラオケ HITS supported by DAM」
カラオケDAMで歌われたTRF上位トップ10の楽曲と、そのインストを収録したアルバム「TRF カラオケ HITS supported by DAM」にて、シングル発売からなんと四半世紀を経て、待望の初音源化と思われるインスト3曲が含まれている
○「BOY MEETS GIRL-instrumental KARAOKE HITS ver.-」

○「CRAZY GONNA CRAZY-instrumental KARAOKE HITS ver.-」

○「Love&Peace Forever-instrumental KARAOKE HITS ver.-」



○1/22「Be The One(English Ver.)」Beverly

→昨今のゴシップ事情への配慮からか、小室哲哉色を完全に排してBeverly単独名義でのリリースとなっているが、バックトラックはPANDORAの原曲のままのボーカルの言語が違う(=全編英語)だけである
 なお、英語詞はYouTubeで配信中のフルサイズPVで確認できる 

フル…ちゃんと音源買った俺涙目…(TAT)


★1/8「SEVEN DAYS WAR」編曲:市川 淳

→2019年末公開のアニメ映画版に使われたサウンドトラックの1曲で、2分43秒のインストゥルメンタル(ピアノ中心のアレンジ)
 ボーカル曲じゃないのに「新たなアレンジで生まれ変わった『SEVEN DAYS WAR』」との宣伝文句は如何なものか…






・引退直後~2018年下半期分
https://34102238.at.webry.info/201901/article_1.html

・2019年分
https://34102238.at.webry.info/201904/article_2.html


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント